老人ホームや介護施設の詳細について


老人ホーム・介護施設の種類がたくさんあり、お問合せの方もいろいろと混乱されている方の為に、有料の老人ホームだけでもこれだけあるという事を知っていただきたいと思います。

・介護付有料老人ホーム

【一般型】
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた介護付有料老人ホーム。
見守りから巡回、食事の介助や歩行介助、車椅子移動、寝たきりの方の介助などすべての施設のケアマネージャーが入居者のケアプランをつくり介護サービスをホームの介護スタッフが行います。時期を見てプランの変更をし、介護サービスを行なっていきます。

【外部サービス利用型】
ケアプランの作成や安否の確認はホームが行いますが、介護サービスは委託している居宅サービス事業所が行います。外部のケアマネージャーと施設の介護スタッフとの連携がうまくいっていないと介護の必要な方へのケアがうまく行かない場合もあるので注意しましょう。

・住宅型有料老人ホーム
食事等の生活支援サービスを提供する施設になります。介護が必要になった場合、有料で外部の介護事業所からの介護サービスを利用し生活することができますが施設常駐の介護スタッフの人員配置は少ないため介護の必要な方のご入居はよく検討する必要があります。

高齢者専用賃貸住宅(高専賃)についてはこちら

・その他の介護施設

特別養護老人ホームについてはこちら

介護老人保健施設についてはこちら

グループホームについてはこちら

ケアハウスについてはこちら

 


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら