グループホームについて


グループホームとは、要介護認定を受けた認知症の高齢者が5〜9人のユニット単位で生活をする、共同住居のこと。グループホームでは食事の支度など家事は、スタッフの手を借りながらご入居者自身で行います。家庭に近い生活環境へ身を置くことにより、自立した生活を支援。その暮らしを通じて、認知症の進行を緩やかにすることを目的としています。

グループホームはあくまで生活の場であるため、身の回りのことがある程度できることが入居条件となり、常時医療を必要とされる場合は基本的に入居できません。
グループホームで暮らしていくうちに高度な医療処置や介護が必要となった場合も、退去をうながされることがあるため、注意が必要です。次の受け入れ先を考えておく必要があるでしょう。


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら