高齢者向け優良賃貸住宅について


高齢者向け優良賃貸住宅とは、国土交通省が定める「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(高齢者居住法)において、60歳以上の単身・夫婦世帯の方等を入居対象に、事業者がバリアフリー仕様や緊急通報装置の設置など一定の整備基準を満たして供給する高齢者向けの賃貸住宅です。略称「高優賃」。

高齢者向け有料賃貸住宅の対象の方は、60歳以上。入居者は単身であるか、同居者が配偶者若しくは60歳以上の親戚、または入居者が病気にかかっていることやその他特別な事情により、同居させることが必要であると都道府県知事等が認める方になります。

高齢者向け有料賃貸住宅は介護施設とは違うので、バリアフリーなどにはなっていますが、緊急時の対応などの場合には、提携事業者に通報する緊急時対応サービスや、安否確認サービス(生活リズムセンサー)などを有料で利用しなければなりません。


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら