指定介護老人福祉施設について


指定介護老人福祉施設とは、老人福祉法に基づく施設である特別養護老人ホームと、ほぼ同じです。 介護保険法に基づき、都道府県知事から指定を受けることによって「指定介護老人福祉施設」となり、介護保険による施設の対象になります。

指定介護老人福祉施設のご入所者は身体上、精神上著しい障害があるため、常に介護を必要とし、在宅介護が困難な要介護者の方です。

指定介護老人福祉施設は、入所者の自立的生活を保障する個室と、少人数の中で生活できる共有スペースを備えています。

指定介護老人福祉施設は 複数の個室と共有スペースからなる単位を1ユニットとし、一般的に1施設で数ユニットを持っていて、以前は小規模生活単位型と言われていたこともありますが、介護保険法の改正により「ユニット」型と改称されています。

また指定介護老人福祉施設も特別養護老人ホームと同じように、施設の規則などは民間の有料老人ホームとは違うので注意が必要です。


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら