高齢者円滑入居賃貸住宅について


高齢者円滑入居賃貸住宅とは、国土交通省が定める「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(高齢者居住法)において、「高齢者の入居を受け入れることとしている賃貸住宅」とされ、都道府県知事の登録を受けた建築物です。

高齢であることを理由に入居を拒否することのない賃貸住宅をその貸主が登録し、その情報を広く提供する仕組みとして設けられた制度で、高齢者の方が、安心・円滑に入居できる賃貸住宅の事をいいます。略称して「高円賃」。

家賃の不払い、病気、事故等に対する不安から、入居拒否等の高齢者の円滑な入居を阻害する事態が多く見られ、高齢者の居住の安定が図れない状況にあります。なので、この法律では高齢者が円滑に入居できる賃貸住宅について登録し、その情報を広く提供するとともに、登録を受けた賃貸住宅については、高齢者居住支援センターが行う家賃債務保証を受けることができるようにしています。

「高齢者円滑入居賃貸住宅」には、専ら高齢者世帯を入居対象とする「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」があり、高専賃には「高齢者向け優良賃貸住宅」、「適合高齢者賃貸住宅(適合高専賃)」が含まれます。

※高齢者円滑入居賃貸住宅は介護施設ではありませんので、介護度が重度になった場合、介護施設のスタッフが外部サービス(訪問)として介護をするため時間外という扱いになったり、介護保険の限度を超えてしまい、別途費用が掛かってしまう場合があるので注意が必要です。
 


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら