東京都高齢者住宅について


東京都高齢者住宅とは、東京都にある高齢者でも住める住宅の事をいいます。
「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、民間の土地所有者等がバリアフリー仕様や緊急通報装置の設置など一定の整備基準を満たし、供給する高齢者向けの優良な賃貸住宅です。

東京都では「東京における高齢者の住まい方検討会」を設置し、ひとり暮らし等の高齢者が必要に応じて外部などから介護を受け、暮らすことのできる住まいを検討しています。

東京都の65歳以上の単身世帯は、平成37年には87万世帯に増加する見込みなので、高齢者世帯の居住状況を見ると、約半数が共同住宅に住んでいることになります。
共同住宅では、居住者がお互いに生活状況の変化に気づけるような関係をつくることにより、見守りをおこなうことが望まれていますがとても難しい問題です。

東京都高齢者住宅で提供される生活支援サービスについては、提供主体と責任の所在を明らかにすることが必要です。
 


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら