高専賃について


高専賃(高齢者専用賃貸住宅)とは、高齢者の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のうち、専ら高齢者を賃借人とする賃貸住宅をいいます。

入居の対象を高齢者に限定して賃貸している住宅なので略称「高専賃」。
高齢者専用の賃貸物件ということなので、バリアフリーでないこともあります。

高齢者専用賃貸住宅(高専賃)としての登録がされた住宅のうち、下記告示の要件を満たすもの。
]型擁〇稻,傍定する有料老人ホームの定義から除外され、有料老人ホームの届出が不要となります。
適合高齢者専用賃貸住宅(適合高専賃)として都道府県知事へ届け出ることにより、介護保険法に規定する特定施設入居者生活介護の対象となります。

適合高専賃の注意点
適合高専賃(適合高齢者専用賃貸住宅)は、特定施設の指定を受ける、受けないに関わらず、有料老人ホームの届出が義務付けられていません。よって有料老人ホームに対する自治体の指導を嫌う事業所が、高専賃の形で事業展開するケースも増えてきています。
このような高専賃では介護度が重度になった場合、施設のスタッフが外部サービス(訪問)として居室に入り介護をするため時間外になったり、使える介護保険が限度になった場合、費用が別にかかってしまう場合があるので注意が必要です。
 


よくある質問
よくある質問
用語集
有料老人ホーム・介護施設に関する用語集はこちら
提携を希望される事業者さまへ
提携を希望される有料老人ホームの事業者さまへ
無料メール相談はこちら
有料老人ホーム・介護施設に関する無料メール相談はこちら
首都圏介護施設案内センターは
チャレンジ25に参画しています
無料相談・お問い合わせ
介護施設に関する資料一括請求はこちら